お客様の『鍵』となる企業をめざして
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 顧客・会員管理システム関連

顧客・会員管理システム関連

イーウェル,ウェブサイトの利用実績分析ツール導入、半日がかりの作業を瞬時に(事例データベース)

 企業の福利厚生サービスを受託しているイーウェル(東京・千代田)は、会員企業の従業員向け専用ウェブサイトの利用実績を分析するツールを2013年秋に導入し、サービス利用率の向

ふくおかFGがCRMシステムを刷新、個人・法人の営業を支援(ニュース)

 ふくおかFG傘下の福岡銀行が2014年4月、新たなCRMシステムを本格稼働させた。2014年8月までに、熊本銀行と親和銀行のグループ各行への展開を予定する。

日立システムズと日立ソリューションズ・ビジネス、理美容サービスを連携

 日立システムズ(高橋直也社長)と日立ソリューションズ・ビジネス(大西博久社長)は、理美容業の業務効率向上を目的に、日立システムズの美容室・サロン向け顧客管理・売上管理システム「Salon’sMate」と日立ソリューションズ・ビジネスが提供する商品受発注サービス「サロン楽々注文ねっと」の連携を実現し、6月をめどに両社でサービスの提供を開始する。

グループウェアベンダー 各社、新市場の開拓に走り出す ビジネスの枠を拡大する動きが活発化

 グループウェアベンダーが、新たな領域にビジネスの舵を切り始めた。ブランドダイアログは、2年前から準備してきた次世代型CRM/SFAの開発を終え、主戦場をグループウェアからCRM/SFAに移そうとしている。グループウェア大手のサイボウズは、PaaSの「kintone」を中心とするクラウド事業に投資を集中する。日本マイクロソフトは、「MicrosoftOffice365」のBI機能を強化。一方、ネオジャパンは、国内から世界へ市場を拡大する。各社は、国内グループウェア市場の先行きが不透明なことを受けて、新たな収益源の確保を急いでいる。(谷畑良胤、真鍋武)

ブランドダイアログ、脳の記憶補助つきCRM/SFAを開発、今春発売へ

 ブランドダイアログ(稲葉雄一社長兼CEO)は、脳の記憶補助技術など、特許出願中の3種類の技術を搭載したクラウド型の次世代CRM(顧客情報管理)/SFA(営業支援システム)「GEOCRM.COM(ジオシーアールエムドットコム)」を開発した。今春製品化し、富士通マーケティング(FJM)などの代理店を通じて販売する。

Page 58 / 62«575859»

ようこそ!SKYNETへ!!

システムのご相談なら、何なりと・・・
  • facebook
  • twitter
Copyright © 株式会社スカイネット All Rights Reserved.
個人情報保護方針