お客様の鍵となる企業を目指して

logo

お客様の鍵となる企業を目指して

 2020.4.14  2020.4.14 

No.19

結局、効率化が皆の幸せにならないと

blog

 

自粛、在宅勤務、景気後退・・・。今は、企業活動も色々大変です。

零細企業を経営している身としては、「どうしましょう」というのが本音です。

 

 

企業が生き抜くためには「如何に合理的に、効率的に企業活動を行うか」に尽きると思っています。

ただ、合理的・効率的 と言っても、それが「幸せ」に繋がらないとね とも本当に思います。

 

 

まずは、従業員の幸せ、お客様の幸せ、そして、最後に会社の継続による会社の幸せ、この順番が大事です。

綺麗ごとに聞こえますが、結局は人は「幸せ」になる為に生きているのだと思います。
私は、無神論者なので「神様」が人を「幸せ」にしてくれるとは思っていません。(そう思っている人を否定している訳では無いですが。)

 

 

従業員やお客様が幸せになり、その結果として会社が幸せになる(儲かる)のが一番良いのです。「逆」はあり得ない と肝に銘じています。

 

 

効率化=人件費の削減 と考えている人は結構います。

システム会社側も、人件費削減を謳ってシステム開発の営業をするケースが多々あります。

 

 

それを、どうにかして合理化・効率化を行いながら、そこで働いている人たちが単純に「切られる」ので無く、従業員の方々も「納得」して、合理化・効率化に参加する「仕組み」を提案したいと思っています。

 

無駄な仕事を無くす事と、人を切る事は別なのです。

 

 

そういう意味では、このコロナ騒動は丁度良い機会なのかもしれません。

一緒に考えてみませんか。

 

 

 

次回は、「無駄な仕事」は何?です。

 

 

 

田畑 幸男

株式会社スカイネット 代表取締役

日本アイ・ビー・エム株式会社のSEとして主に流通関連/医薬品関連 システム設計に従事し、その後1987年に有限会社 宙(そら)を設立。1994年に株式会社スカイネットを設立。