お客様の鍵となる企業を目指して

logo

お客様の鍵となる企業を目指して

 2020.08.25  2020.08.25 

No.34

パッケージ・システムを
上手く使うには

blog

日本の企業(特に中小企業)では、パッケージ・システムの使い方があまり上手くありません。

経理や給与システムはパッケージ・システムで賄う様になっていますが、販売管理や生産管理、諸々を統合したような大規模システムでは、まだ「手作り」システムが多く残っています。

これはお客様側の責任よりも、使い勝手の良いパッケージが多くない という事が一因だと思います。

ただ、お客様側の「発想」の問題もあります。

 

特に日本の中小企業は、かなり色々はデータ・サービスを積極的に行っています。

そんな事までサービスで行うの? と言うような場面を現場で見ることが多々あります。

その為に、微に入り細に入りデータ管理を行っています。

 

この「微に入り細に入り」のままでパッケージを使おうとすると結構大変です。

パッケージの良い所は、「誰でも」「同じ様に」使える所です。

ところが手作りシステムでは、現場の「人」に依存した機能や操作性になっているケースが多いので、”人が代わると、何故そうなっているのか分からない” いう事が発生します。

このような事はパッケージでは発生しません。

 

では、そのようなパッケージを使おうとすると何がポイントでしょう。

一番大きなポイントは、「仕事」のやり方の「整理」です。

 

手作りシステムを開発していると、「何故、このような処理をしているのか?」と不思議に思う事があります。

当初は意味があったのだと思いますが、時間がたって会社の現状に合わない状態のまま使っているケースがあります。

これらをまずは「整理」する事が大事です。

 

では、整理する手順はどうそれば良いでしょう?

 

 

 

次回は、「業務を分解してみましょう」 です。

 

 

田畑 幸男

株式会社スカイネット 代表取締役

日本アイ・ビー・エム株式会社のSEとして主に流通関連/医薬品関連 システム設計に従事し、その後1987年に有限会社 宙(そら)を設立。1994年に株式会社スカイネットを設立。